城東渭山同窓会

同窓生のコミュニケーションの場を提供する

Email:info@izan.jp

東京支部総会 令和元年6月9日・アルカディア市ヶ谷

東京支部総会 令和元年6月9日・アルカディア市ヶ谷

このエントリーをはてなブックマークに追加

令和になって初めての東京支部総会・同窓会は、6月9日(日)に市ヶ谷アルカディア(私学会館)」にて開催されました。今回は、本年4月に城東高校学校長に就任された青山学校長と5月に城東渭山同窓会本部の会長に就任された三谷会長に徳島より参加いただきました。なお、今回の参加人数は38名と前年に比べて少ない人数でしたが、例年同様和気あいあいの楽しい同窓会となりました。

総会の開会にあたり、青山学校長にご挨拶をいただきました。青山学校長はわざわざ徳島よりプロジェクターをご持参いただき、城東高校生の文武両道の活躍を映像で紹介いただくと共に、現在の校舎に加えて、建て替えられる前の校舎や工事風景などなど、参加者にとっては非常に懐かしい写真をご披露いただきました。参加者一同、感謝感激でした。

続いて、城東27回卒の赤松早苗様による講談「ねぎぼうずのあさたろう」のご披露がありました。赤松さんの躍動感のある語りと独特の小道具に加えて、同期の倉垣さんが音響をサポートされて、参加者一同、童心に帰って楽しみました。

そして、三谷同窓会長にご挨拶と乾杯のご発声を頂戴し、懇親会へと入っていきました。

懇親会では、城東17回卒の寺奥様から、徳島のすだち焼酎と『獺祭』の焼酎の差し入れをいただき、いつも通り、和やかに会が進んでいきました。その中で、参加者の皆様から恒例の自己紹介、近況報告をしていただきました。城東8回卒の髙尾様に参加者最年長としてトップバッターを務めていただきました。髙尾様からはご自身で執筆された小説2冊を参加者全員に進呈くださいました。今回、参加人数は38名とやや少なかったのですが、前年の城東11回卒の油谷様、そして、今回の髙尾様と大先輩のご参加は、幹事一同、大変有難く感じた次第です。次回以降、若い世代の方々にも参加を期待したいところです。それで最後はいつもの校歌斉唱で締めくくりました。

来年は、オリンピックイヤーです。東京オリンピック2020開催の前、6月14日の日曜日に開催することになります。多くの方々とお会いできますことを楽しみにしております。

 

城東渭山同窓会東京支部長 石原 浩

«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください